『No.1024』第2号でのお詫びと訂正

2019.06.21

『No.1024』第2号でのお詫びと訂正

本文35頁に誤りがありました。

◆姓名判断とは◆

の文章が誤って掲載されていました。

正しくは、下記のとおりです。

お詫びして訂正させていただきます。

◆姓名判断とは◆

姓名に使われる文字の画数から5つの数字を導き出し、そこから運勢や性格などを読み解く占い。

古代中国の陰陽五行説が起源といわれる場合もありますが、日本での歴史はそれほど長くはありません。

明治時代になり、1875年2月13日に「苗字必称義務令」という法令が公布されて庶民も姓を持つようになってから普及したようです。

当初は旧漢字を用いて占われていましたが、1949年に「当用漢字字体表」が登場して以降は、流派によって違いはあるものの、現在では概ね当用漢字として使われている新字体でも占われています。